光脱毛とレーザー脱毛はどう違うのか?

専門の人に脱毛を頼むのなら大きく2パターンがあります。

1つはエステサロンや脱毛サロンで受ける、もう一つがクリニックで脱毛する。
サロン脱毛の主流は光脱毛、一方クリニックの脱毛はレーザー脱毛です。この2つの違いは何なのでしょうか?

 光脱毛とレーザー脱毛の特徴
光脱毛とレーザー脱毛の大きな違いは、照射する波長が違う事です。
レーザーは単一の波長で熱を集中させます。光は複数の波長を含んでおり、広範囲に照射します。

レーザーの場合、照射の力が強いので専門医が扱う事になります。
光の出力を一定に制限している為、誰でも安全に扱う事ができるのです。
そのため、レーザー脱毛はクリニックが行う、光脱毛はサロンでも扱えるという事です。また、レーザー脱毛は永久脱毛、光脱毛は半永久脱毛といえます。

 光脱毛とは
IPL(インテンスパルスライト)などの器機を使って光を照射します。
そのエネルギーで毛根のメラニンを刺激する事で脱毛を促します。

サロンによっては名称が異なり、フラッシュライト脱毛などど呼ばれる事もあります。
光脱毛はレーザー脱毛よりも、出力は弱いので、肌に対しての刺激は優しいです。そのため痛みは少なめです。成長期と呼ばれる毛が生えてくる時期に脱毛するので、2カ月から3か月に1回施術する必要があります。

これを1年から2年間ぐらい繰り返す必要があります。また、家庭用の光脱毛器械も売られていますが、サロンで脱毛するほどの効果を期待できるかは分からないです。

 レーザー脱毛について
医療用レーザーを用いた脱毛法です。光脱毛は幅広い波長の光を使います。
一方、レーザー脱毛は単一の波長のレーザーを使います。光脱毛よりも出力は高いので痛みを感じる事もあります。

そのため、クリニックでは麻酔クリームを塗る事で痛みを軽減させます。
毛周期に合わせて脱毛を数回くり返し、5回から6回で終了する事が多いです。レーザー脱毛も家庭用のものが売られています。これは医療機機関で使われているものよりも出力を弱くする事で、医師でなくても広く一般に使えるようにしたものです。

一言に脱毛するといっても、それぞれ特徴があるものです。ご自身の目的合わせて選択されると良いでしょう。

2015年2月11日 光脱毛とレーザー脱毛はどう違うのか? はコメントを受け付けていません。 脱毛に関して